2013年04月27日

ムスタッシュカップ



ほとんど興味本位目
どうしても実物を見たくなって取り寄せてみたものの
まだ商品アップに もたついているものがあります。

                ↓↓



DSCN7144.JPG
                       画像クリックで拡大グッド(上向き矢印)




通常サイズよりも大ぶりのカップで
上部には、ブリッジのような不可思議なものがくっついています。





その名も

ムスタッシュカップ

(※ムスタッシュ=口髭)





DSCN7171.JPG
                        画像クリックで拡大グッド(上向き矢印)




ヴィクトリアン時代に流行った口髭。

紳士たちは自慢の口髭をポマードなどで整えておしゃれを競ったようです。




「邪魔な口髭があっても、おいしい紅茶は飲みたい!」



そんな紳士たちの願いを叶えるべく、

1860年に英国陶芸作家のハーヴィー・アダムスが発明したのが

このムスタッシュカップなのです。




紅茶を飲む時に

せっかくポマードで整えた髭が蒸れたり濡れたりしないように
ブリッジの上に口髭を乗せて頂く。

そのためだけに作られたものです。


彼自身が口髭紳士だったかどうかはさだかではありませんが
なんとも面白い発想から生まれた作品ですね。




DSCN7159.JPG
                          画像クリックで拡大グッド(上向き矢印)



時代の流れとともに、口髭が流行らなくなった近年では
ムスタッシュカップの需要も殆どなくなり
見かけることもめったにないという稀少な品ゆえ
知る人ぞ知るコレクターズアイテムとなっているようです。




さて
話を元に戻します。

では、何故いまだに商品アップできないでいるのか・・?

<理由>
@窯印がなく、メーカーや時代の推測が不十分
Aブリッジ部にリペア跡がある(←しっかりしてはいますが)


というわけなので、
あとしばらくお時間を下さ〜い。

もう少し頑張って調べてみようと思います。


     喫茶店ショップHPは こちら

      

posted by たんこ at 17:23| 発見!